調査会社との提携について

デリヘルは誰もが高収入を得るチャンスがありますが、非常に特殊な仕事内容であることから身バレ対策をしなければなりません。少しでも安心して女性に働いてもらうため、デリヘルではさまざまなプライバシー対策を行っていますが、中でも高い効果を発揮するのは調査会社やアリバイ会社との提携です。これはどういったプライバシー対策になるのでしょうか。

こういった会社はダミーの名刺を作ってくれるので、一般企業に勤務しているように見せることが出来るのです。この名刺には企業名だけでなく、電話番号やメールアドレスも記載されています。そのため、パッと見でバレることはありません。

また、ダミーの名刺には電話番号が記載されていますが、そちらに電話をされても問題ありません。専任のスタッフが不在の対応をしてくれるので、一般企業に勤務しているようにごまかすことが出来るのです。さらに、メールアドレスにメールをされても携帯電話に転送されるので問題ありません。もちろん、携帯電話からメールを送信することも出来ます。

また、場合によってはダミーの給与明細書を発行してもらうことも出来ます。しかし、これはあくまでダミーですので、クレジットカードの審査や不動産の契約などで使うことは出来ません。

関連サイト|汝々艶-十三店 <風俗求人サイト>
・・・アリバイ対策制度を設けている風俗店の求人情報です。

Pocket

顔出しや身バレ対策について

デリヘルとはお客さんが1人でラブホテルにチェックインをして、そこからお店のホームページで女性を選んで電話指名をしますが、そちらのプロフィールには写真が掲載されています。この写真にはモザイクをかけることが出来ますので、そちらから顔バレすることはありません。さらに、モザイクをかけている女性が大半であることから、モザイクによる指名率の低下はありませんので安心しましょう。

受付のあるヘルスは受付で写真を見て女性を指名しますが、そちらの写真にはモザイクがかかっていません。そのため、その写真から顔バレする可能性がありますが、デリヘルであればその心配が無いのです。

また、デリヘルのホームページにはプロフィールも掲載されています。そちらのプロフィールには年齢や血液型、出身地、スリーサイズなどの情報が載せられていますが、それらをごまかすことが出来るのです。お客さんに対して嘘をつくことに抵抗のある女性もいるでしょうが、これは風俗の世界において暗黙の了解となっており、お客さんもそれを理解した上でプレイを楽しんでいます。そのため、身バレをしないようにプロフィールを加工しましょう。仕事中は別人格を演じる気分で良いのです。

Pocket

ストーカー対策は風俗店に必要な項目

風俗で働く上で注意したいポイントがいくつかありますが、中でもストーカー対策は非常に重要なポイントです。ストーカーは現在大きな社会問題となっており、ストーカー被害がきっかけとなって殺人事件などに発展することもあります。風俗のお客さんがストーカーになることもありますので注意しましょう。

ストーカー対策で最も効果を発揮するのは送迎サービスでしょう。これは帰宅時にお店のスタッフが自宅まで来るまで送迎してくれるもので、安心して帰宅することが出来るのです。無料で送迎してくれるお店もありますので、ストーカーが気になる女性は送迎サービスのあるお店を選びましょう。

また、デリヘルはラブホテルでプレイを行いますので、ラブホテル街を徒歩で移動することになります。ラブホテル街は歓楽街の近くにあることから、そこで酔っぱらいにからまれることもあるのです。さらに、しつこいナンパやキャッチに付きまとわれることもあります。そういった場合はすぐにスタッフに電話をかけましょう。デリヘルにとって女性は大切な商品であることから必ず助けてくれます。また、ラブホテルでプレイ中に身の危険を感じたら、ラブホテルのスタッフに連絡をしましょう。

デリヘルではそのほかにも女性を守るためにさまざまな対策を行っていますが、こちらでは代表的な対策を紹介いたします。風俗求人サイトや風俗求人雑誌にはさまざまな求人が出されていますが、これを参考に応募しましょう。

Pocket